三菱自、営業益82%減…出荷台数減少や為替影響が要因 2019年4-9月期決算

三菱自動車本社
三菱自動車本社全 1 枚写真をすべて見る

三菱自動車は11月6日、2019年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。出荷台数の減少や為替の影響などにより、営業利益は前年同期比82.0%減の102億円と大幅な減益となった。

第2四半期累計のグローバル販売台数は、同0.03%減の59万2000台とほぼ前年並み。売上高は同3.5%減の1兆1280億円と伸び悩んだ。営業利益は、研究開発費の増加や為替の影響などにより、同82.0%減の102億円、経常損益は同98.2%減の12億円、純利益は同95.0%減の26億円となった。

通期連結業績見通しは、出荷台数の減少や為替の見直しを反映し下方修正。売上高2兆4500億円(前回予想比-1300億円)、営業利益300億円(同-600億円)、経常利益200億円(同-800億円)、純利益50億円(同-600億円)とした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • “ダイサン”東京旧車会
  • 三菱 エクリプスクロス 改良新型のPHEVモデル
  • 三菱 エクリプスクロス 改良新型のPHEVモデル
  • 英ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ

ピックアップ

Response.TV