タクシー需要が見込まれるエリアを表示 運転手向けにヒートマップ機能を提供

タクシードライバー向けアプリの通常画面(左)とヒートマップ表示(右)
タクシードライバー向けアプリの通常画面(左)とヒートマップ表示(右)全 1 枚写真をすべて見る

DiDiモビリティジャパンは、11月6日からタクシー乗務員向けアプリで、過去のデータを基にタクシー需要が見込まれるエリアと、需要の高さを色の濃淡で地図上にリアルタイム表示する「DiDiヒートマップ」機能を追加して提供開始した。

ヒートマップ機能は東京エリアで先行して提供し、大阪エリアなどでも順次展開する予定。

ヒートマップ機能によってタクシー乗務員は、アプリの地図上で需要が多いと予想されるエリアを確認し、効率的に乗客を確保できる。

ヒートマップ機能にはAI(人工知能)が搭載されており、過去の実績などのデータを解析し、正確に需要を予測する。需要の多いエリアにタクシーを集めて利用者とタクシーのマッチングを支援する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • NVIDIAがアームを買収
  • ブルースマートパーキング
  • スプリットの事業イメージ
  • 配車を依頼し、マッチング完了後に画面で確認可能
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ