ボッシュの二輪車向けスタビリティコントロール、電動バイクに初搭載…EICMA 2019

ゼロ・モーターサイクルズの電動バイク『Zero SR/F』
ゼロ・モーターサイクルズの電動バイク『Zero SR/F』全 3 枚写真をすべて見る

ボッシュ(Bosch)は、イタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー2019」(EICMA 2019)において、二輪車向けのスタビリティ コントロールの「MSC」が、電動二輪車として初めて、『Zero SR/F』に搭載された、と発表した。

Zero SR/Fは、米国カリフォルニア州に本拠を置く「ゼロ・モーターサイクルズ」が開発・生産する電動バイクだ。モーターは最大出力110hp、最大トルク19.3kgmを引き出し、最高速200km/hの性能を発揮する。

バッテリーは、蓄電容量14.4kWhのリチウムイオンだ。1回の充電で、最大259km(市街地走行の場合)の航続を可能にする。充電は出力3kWチャージャーで、およそ4時間30分だ。

ボッシュの二輪車向けのスタビリティ コントロールのMSCが、このZero SR/Fに電動二輪車として初めて搭載された。ボッシュのMSCは、危険なローサイドの状況下でライダーをアシストするだけでなく、コーナーでのブレーキング時にも瞬時に対応する。これにより、走行安定性とブレーキ性能の両方が向上するという。

ボッシュは、電動二輪車を含むさまざまなタイプの車両で、セーフティシステムの需要が増加している、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • HondaGO BIKE RENTAL
  • 佐川健太郎氏がショーワの技術を体験取材。アフリカツインで両足ベタ着きが可能な「ハイトフレックス」に驚き
  • カワサキ Ninja650
  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ

ピックアップ

Response.TV