ポルシェ、電動車専用保険を発売…バッテリーの損傷などに対応

ポルシェ・タイカン 4S
ポルシェ・タイカン 4S全 3 枚写真をすべて見る

ポルシェ(Porsche)は11月7日、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)など、電動パワートレイン車専用の自動車保険をドイツ本国で発売した、と発表した。

この自動車保険は、ポルシェファイナンシャルサービスが開発したもの。ポルシェ初の市販EVの『タイカン』をはじめ、PHVの『カイエン』や『パナメーラ』が対象になる。

電動パワートレイン車専用の自動車保険は、駆動用バッテリーの故障や充電ステーションでのトラブルをカバーするモビリティ補償が付帯しているのが特長だ。

さらに、既存の自動車保険に追加できるデジタル保険パッケージの「ポルシェシールド」では、新たに「Eカバー」が導入された。Eカバーは、ポルシェ車から、電動ポルシェに乗り換えた顧客が対象だ。電動パワートレイン車の高価なバッテリーが損傷した場合、新品のバッテリー価格を補償してくれる。

ポルシェは、ポルシェの電動モデルに乗り替えた顧客に、安心を提供するために、既存の自動車保険とは別に電動車固有のコンポーネントを保護する内容を付帯した、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェ・タイカン 4S
  • バーチャルモデル「imma」を起用したプロモーション第1弾
  • ポルシェ 911タルガ 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ・パナメーラ
  • BMW 7シリーズEV(i7)開発車両スクープ写真
  • アウディ Q5 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ。写真は右ハンドル仕様だ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911タルガ 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/08/328535.html/article/2019/11/08/328534.html/article/2019/11/08/328536.html