国交省が特例、2020年に鉄道の前倒し検査を認める…東京オリンピック輸送に配慮

東京オリンピック開催時には深夜運転が見込まれるJR山手線。
東京オリンピック開催時には深夜運転が見込まれるJR山手線。全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は11月8日、東京オリンピック(東京五輪)が開催される2020年に鉄道施設・車両の定期検査の前倒しを認める「施設及び車両の定期検査に関する告示の特例に関する告示」を行なったことを明らかにした。

鉄道施設・車両の定期検査は従来、「施設の変状等を適切に確認する必要がある」として、「施設及び車両の定期検査に関する告示」により、毎年、同一時期に施設ごとに検査基準月が定められており、その前後の1か月を検査実施時期に充てることとされている。

しかし、2020年は、東京オリンピックの期間に入る7月または8月が検査時期に入る場合、深夜輸送などの都合で実施困難が想定されるため、その場合、さらに基準月から2か月遡った時期に検査を実施できるよう弾力的に対処するとしている。

ただし、その場合でも例年と同じ安全性を確保するため、「施設及び車両の定期検査に関する告示」に基づく最長の検査間隔である約1年3か月を超えることは認められないとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2020~2022年度に合計384両が納入される予定となったN700S。写真はその確認試験車。
  • 6両編成1本が落成した新京成80000形。京成3100形とほぼ共通仕様となった車両。
  • 電力融通装置の導入により、回生電力の有効活用が図られる九州新幹線。
  • 東京駅では危険物探知犬を使用した実証実験を実施。
  • 2層の橋上式となる原宿駅新駅舎のイメージ。
  • 札幌駅北側の拡張により、駅前広場が狭まる札幌駅北口。2005年頃。
  • 暫定ダイヤが実施されている北陸新幹線では、大幅に減便されている『あさま』が11月30日から上り3本・下り4本増発。さらに12月27日以降は上下各1本増発される。
  • 三つ折りとなる台紙のデザイン。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/08/328541.html/article/2019/11/08/328540.html/article/2019/11/08/328542.html