最強の2Lターボ搭載、メルセデスAMG GLA45 新型は2020年登場へ

メルセデス AMG GLA45 開発車両 スクープ写真
メルセデス AMG GLA45 開発車両 スクープ写真全 15 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツのコンパクトクロスオーバーSUV、『GLA』に設定される最強モデル『AMG GLA45』最新プロトタイプをカメラが捉えた。

キャッチした開発車両は、偽装の下に初めてパナメリカーナグリルを装着しているのが明らかだ。また新デザインのLEDデイタイムランニングライト、大口ベンチレーション、広いサイドシル、大径ホイール、大型ブレーキ、赤いブレーキキャリパー、そしてクワッドエキゾーストパイプが初めて装備されており、このテスト車両が上級モデル『AMG GLA45S』の可能性もある。

キャビン内には、アルカンターラ・スポーツステアリングホイール、ピアノブラックインサートや、シート、ドアパネル、アームレストがコントラストステッチで仕上げられる。

GLA45のパワートレインは、世界最強と伝えられている「M139」直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力は387psを発揮する。またGLA45Sでは、最高出力421psを発揮、ライバルとなるアウディ『RS Q3』新型の400psを超えセグメントキングとなるだろう。ドリフトモードはGLA45にはオプション設定となるが、GLA45Sに標準装備される予定だ。

AMG GLA45、及びGLA45Sのデビューは、最速で2020年初旬、遅れれば3月以降が予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV