ラグビーワールドカップ試合日のakippa駐車場、料金は平均3.3倍…稼働率ほぼ100%に

ラグビーワールドカップ日本大会決勝、イングランド(白)対南アフリカ(緑。11月2日)
ラグビーワールドカップ日本大会決勝、イングランド(白)対南アフリカ(緑。11月2日)全 4 枚写真をすべて見る

駐車場予約アプリを運営するakippaは、9月20日から11月2日まで開催されたラグビーワールドカップ日本大会の、試合日における駐車場シェアリングの利用状況をまとめた。

それによると、試合が開催されたスタジアム周辺の試合開催日の駐車場稼働率は、全会場ほぼ100%、ラグビー以外のイベントと比較しても高い数字となった。会場周辺の交通渋滞、駐車場不足が予想されるため、あらかじめ予約をして利用しようと考えたドライバーが増えたと想定される。

またakippaでは、イベント時には駐車場料金を変動させており、今回も試合会場から徒歩30分から40分圏内の駐車場価格を変動。その結果、試合開催日の駐車場平均単価は、通常日の約3.3倍。最も価格上昇した駐車場は、通常日は550円で設定しているところ、試合日には6000円まで値上がりした。

日本では来年以降も東京2020大会や大阪万博など、世界規模のイベントの開催が複数予定されている。akippaは今後も、提携駐車場の開拓を進め、利用可能な駐車場を増やすことにより、駐車場不足に伴う周辺の違法駐車や迷惑駐車の抑制を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • akippaがBリーグの熊本ヴォルターズと提携
  • お盆の駐車場利用目的調査
  • 今回開発したプログラムを使った衛星データの解析結果(福岡)
  • セレッソ大阪(J1)
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ