EJ20最後の年に約1000台のインプレッサが集結、ペターもデモランで箱乗り…スバル WRX ファンミーティング

WRXファンミーティング2019
WRXファンミーティング2019全 22 枚写真をすべて見る

11月9日、新城市「ふれあいパークほうらい」で、これまでにない規模のファンミーティングが開催された。「EJ20」エンジン生産終了にともないSUBARU(スバル)が企画したものだが、会場に集められた車両はおよそ1000台。すべてがEJ20を搭載した『インプレッサ』、『WRX STI』だ。

ファンミーティングなので、参加資格はスバルファンであることが条件。募集台数は800台。これにスバルが用意したデモカーなどが約200台弱。パーク全体がインプレッサとWRXに埋め尽くされた状態だ。駐車場は、さながら、港で船積みを待つモータープールのように壮観な眺め。

事前のイベント案内には、STI開発者らのトークショーの他、「レジェンドドライバー」によるトークショーとスペシャルランという記述があった。誰がくるかは当日まで伏せられていたが、勘のいいスバルファンは気が付いていたようだ。

サプライズで登場したのは、2003年WRC(世界ラリー選手権)ドライバーズチャンピオンに輝いたペター・ソルベルグ。さらに、スバルチームのチームメイトだったトミ・マキネン(TOYOTA GAZOO Racing WRT代表)も登場する。かつてのWRCドライバー2名による奇跡のトークショーになることまで予想していた人は少なかったのではないだろうか。

そうなると「スペシャルラン」についても、かつてのチームメイトによるデモランの期待が高まるが、あいにくトミ・マキネンは自身のチーム代表としての仕事(同時期にラリージャパンのテストイベントが開催されており、ヤリスWRCを走らせている)があるのでトークショーのみの参加となった。

しかし、その分ペターが十分に魅せてくれた。スペシャルランは、会場へのアクセス路を閉鎖して行われたが、WRCのウィニングランを思い出させるスピンターンとドリフトの連続技で集まったファンを沸かせた。

若いスバルファンには、GT300やニュルブルクリンク24時間レースのイメージが強く、WRCのペターのことをよく知らない人もいるかもしれないが、ペターのウイニングランはとにかく派手だ。クルマが縦になれる道幅があればどんな場所でもスピンターンを決める。それも連続でぐるぐる回るのだが、絶対にぶつからない。

観客が張り付いている柵のすぐ先で連続スピンターンをするのだが、手を伸ばせばクルマに触れるくらいの距離感だ。これだけでも、なかなか得難い体験なのだが、今回のスペシャルランでは、もうひとつのペターの十八番、「箱乗り」も少しだけ見せてくれた。スペースがもう少しあれば、箱乗り状態で両手をガッツポーズしながらの連続スピンターンを披露してくれたかもしれない。

<おわび> 開催日が当初、8日と誤って記載されていました。訂正して再出力しました。

《中尾真二》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/11/328586.html/article/2019/11/11/328585.html/article/2019/11/11/328587.html