住友商事、台湾最大手EVバスメーカーへ出資参画

RAC社のEVバス
RAC社のEVバス全 2 枚写真をすべて見る

住友商事は11月12日、台湾最大手の電動バスメーカーであるRAC社に出資参画すると発表した。

深刻な大気汚染が問題となっている台湾では、政府が再生可能エネルギー産業の発展に向けた諸施策に取り組んでおり、バスの電動化はその1つ。政府は、2030年までに路線バス約1万台・高速バス約5000台すべてを電動バスに切り替える計画を発表している。

RAC社は、電動バスに係る台湾政府認証を取得している唯一の台湾企業で、電動バスに特化した開発・製造・販売を手掛けている。また同社製バスは、電費性能や登坂性能などに優れ、バッテリー稼働状況も遠隔でモニター・操作が可能。RAC社はこれら利点を生かして、電動バス関わる新たなサービスの開発にも取り組んでいく計画だ。

住友商事グループは、電動バス製造販売事業という新たな事業領域をベースに、RAC社と協業。台湾国内の電動バスユーザー向けソリューションの提供など、電動バス周辺事業の開発に取り組む。さらに今後も需要拡大が見込まれる他地域への展開を図ることでRAC社との連携を深めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 住友商事
  • ベルリン市交通局が運営するMaaSアプリ「イェルビ」
  • スマートポール
  • トヨタ MIRAI と水素ステーション(参考画像)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ