マツダ ロードスター、内外装色を追加 特別仕様車「シルバートップ」も設定

マツダ ロードスター シルバートップ
マツダ ロードスター シルバートップ全 14 枚写真をすべて見る

マツダは、オープンスポーツ『マツダ ロードスター』を一部改良するとともに、特別仕様車「シルバートップ」を設定し、11月14日より予約受付を開始し、12月5日に発売する。

今回の一部改良では、ボディカラーに新世代商品『マツダ3』から採用している「ポリメタルグレーメタリック」を追加。新色は金属の硬質感と樹脂特有の滑らかな艶感を融合させ、ボディを流れる光の移ろいで刻々と変わる陰影で個性を創り出す。

インテリアでは、ステッチカラーを従来の赤から明るいグレーに変更するなど、上質さを高めた内外装色の組合せを設定。先進安全技術の「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」には、夜間歩行者検知機能を全機種に追加し、前モデルから継続して「サポカーS・ワイド」に対応する。

また、ソフトトップモデルのロードスターでは、レイズ社と共同開発した鍛造16インチアルミホイールを設定。約3kgの軽量化により、走りの楽しさを高める。さらに同ホイール装着車にはブレンボ製フロントブレーキをオプション設定。優れたコントロール性とともに、スポーティで上質な質感を実現している。リトラクタブルハードトップモデルのロードスターRFでは、鮮やかさと深みを両立したバーガンディレッドのナッパレザーインテリアを採用した新機種「VSバーガンディセレクション」を追加した。

特別仕様車シルバートップはグレー色の幌を採用し、モダンで落ち着いた雰囲気を演出。深みと輝きが美しい高輝度塗装16インチアルミホイールを装着する。

価格はロードスターが260万1500円から333万4100円、ロードスターRFが343万9700円から390万0600円。特別仕様車シルバートップは6MTが316万9100円、6ATが328万4600円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV