テスラ、ドイツ・ベルリンに「ギガファクトリー」建設へ…欧州初

テスラの米国ネバダ州のギガファクトリー(参考画像)
テスラの米国ネバダ州のギガファクトリー(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

テスラのイーロン・マスクCEOは11月12日、ドイツ・ベルリンに「ギガファクトリー」を建設すると、ツイッターで発表した。

テスラは最初のギガファクトリーを2016年、米国ネバダ州に開所した。同工場では、EVの『モデルS』、『モデルX』、『モデル3』用のバッテリーを生産する。その後、テスラは中国上海市にも、ギガファクトリーを着工している。

ギガファクトリーの名称は、計画されているバッテリーの年間生能力の上限である35ギガワット アワー(GWh)に由来する。「ギガ」は10億を表す単位だ。1GWhとは、1時間に10億ワット、つまり1kWhの100万倍の電気を発電(あるいは消費)することと同等になる。

イーロン・マスクCEOは今回、ドイツ・ベルリンにギガファクトリーを建設すると、ツイッターで発表した。テスラにとって、欧州で最初のギガファクトリーになる。

マスクCEOは、ドイツ・ベルリンのギガファクトリーでは、バッテリーなどのEVパワートレインや、EVの『モデルY』を組み立てる計画、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV