アウディ e-tron スポーツバック、量産車初のデジタルマトリクスヘッドライト採用へ…ロサンゼルスモーターショー2019で発表予定

アウディ e-tron スポーツバックのデジタルマトリクスヘッドライト
アウディ e-tron スポーツバックのデジタルマトリクスヘッドライト全 4 枚写真をすべて見る

アウディは、11月19日に米国で開催するロサンゼルスモーターショー2019のプレビューイベントで初公開する『e-tron スポーツバック』(Audi e-tron Sportback)に、量産車初のデジタルマトリクスヘッドライトを採用すると発表した。

e-tronスポーツバックは、ブランドの初の市販EVのアウディ『e-tron』から派生するモデルだ。『A7スポーツバック』や『A5スポーツバック』同様、「スポーツバック」の名前を冠したe-tronスポーツバックは、なだらかに傾斜したルーフを備えており、SUVクーペといえるデザインが特長になる。

アウディは、このe-tron スポーツバックに、量産車初のデジタルマトリクスヘッドライトを採用する。デジタルマトリクスヘッドライトは、数百万個のマイクロミラーを使用することにより、かつてない高い精度で車両前方の路面を照らし出すという。

e-tron スポーツバックは、アウディ e-tronとEVパワートレインを共有し、同じくベルギー・ブリュッセル工場で生産される予定だ。全長4900mmのe-tron スポーツバックでは、大型クーペのエレガントなスタイルと、EVの先進的なキャラクターを融合させる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディQ3スポーツバック
  • アウディ e-tron スポーツバック
  • アウディのEVによる双方向充電技術の研究開発
  • アウディ e-tron S スポーツバック
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ