原宿駅のリニューアルは2020年3月…現駅舎は東京オリンピック・パラリンピック終了後に建替えへ

2層の橋上式となる原宿駅新駅舎のイメージ。
2層の橋上式となる原宿駅新駅舎のイメージ。全 7 枚写真をすべて見る

JR東日本は11月19日、山手線原宿駅の新駅舎・新ホームを2020年3月21日から供用開始すると発表した。

原宿駅の改良計画は2016年6月に発表。以来、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて新駅舎の建設や臨時ホームを山手線外回り用ホームに、1・2番ホームを山手線内回り用ホームとする改良工事が進められており、2018~19年の年末年始には臨時ホームの使用を中止する措置が採られていた。

今回の年末年始も同様の措置が採られ、12月31日23時から2020年1月1日17時までと、2020年1月2~5日の各日10~17時に臨時改札が設置される。

臨時改札は、工事中のホームに設けられた仮設通路を通って利用することになり、降車専用となる。2020年3月に新駅舎がオープンするため、この措置は今回が最後となる。

新駅舎は2層の橋上式で、1階に駅業務施設やコンビニエンスストアが、2階にカフェが入る。

現在の駅舎よりコンコースは3倍程度、トイレは2倍程度拡大され、表参道改札を2通路増設。出入口は表参道方面と明治神宮方面の2方向に設置される。

また、新ホームと各出入口には24人乗りのエレベーターが計3基、外回り用ホームにはホームドアが設置される。

なお、現在の駅舎はオリンピック・パラリンピック終了後に解体され、防火地域の基準に適した材料を使用して現駅舎の意匠を引き継いだものに建て替えられる予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 全列車がN700Aタイプに統一される東海道新幹線。東京~新大阪間では『のぞみ』の平均所要時間が2時間29分となり、その時間短縮効果が山陽新幹線内へも波及する。
  • 長崎地区へ投入されるYC1系ハイブリッド車。蓄電池を併用する電気式の気動車。
  • 2020年3月のダイヤ改正で長万部~小樽間の普通列車へ投入されるJR北海道初の電気式気動車H100形。写真は函館本線然別駅に停車中の量産車による試運転列車。
  • 現在の長崎駅。2020年春には在来線が高架化され、その2年後には新幹線も開業することで、周辺整備が推進されることになった。
  • 金沢駅に停車中の北陸新幹線。
  • HC85系の車体イメージ。
  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/19/328915.html/article/2019/11/19/328914.html/article/2019/11/19/328916.html