九州新幹線に異なる変電所間で電力を融通する装置を導入…回生電力を有効活用

電力融通装置の導入により、回生電力の有効活用が図られる九州新幹線。
電力融通装置の導入により、回生電力の有効活用が図られる九州新幹線。全 3 枚写真をすべて見る

JR九州は11月19日、九州新幹線に電力融通装置を導入すると発表した。

この装置は、隣接する変電所間で送電範囲を越えて相互の電力融通を可能にするもので、ブレーキが作用した際に、モーターを逆回転させることで運動エネルギーから変換された電気を架線へ戻す「回生電力」を、異なる変電所の送電範囲で有効活用ができるようになるという。

11月28日に、筑後船小屋~新玉名間にある新みやまき電区分所(福岡県みやま市)に導入されることになっており、JR九州としては初の導入となる。これにより九州新幹線では電力使用量の3%程度を有効活用できるとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 11月28日に再開した津軽石~宮古間のうち、津軽石~八木沢・宮古短大間にある駒込踏切付近の復旧状況(11月27日時点)。
  • JR東日本の協力によりJRカラーが復活した700形第4編成。細部の違いはあるものの、ロゴマークの「JDK」を除けば、JR時代とそっくりな車体となった。
  • 札幌圏での業績向上の立役者となっている新千歳空港~札幌・小樽間の快速『エアポート』。2020年春のダイヤ改正では、毎時4本から5本に増強される予定。2019年2月撮影。
  • 男鹿線を走るEV-E801系。2020年春以降、同線内の列車がこの車両に統一される。
  • 明治時代中期に設立された近江鉄道には歴史を感じさせる駅も多い。写真は2017年8月に再生された大正建築の日野駅。
  • 常磐線復旧区間と未復旧区間の北の境界となっている浪江駅。
  • 上総中野駅に並ぶ小湊鐵道(右)といすみ鉄道の気動車(左)。黄色い車両は、現在は運行されていないいすみ鉄道の「ムーミン列車」。2010年9月撮影。
  • 「先進的でスピード感ある車体形状とそれを際立たせるメタリック塗装」とした80000系『ひのとり』の外観。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/19/328919.html/article/2019/11/19/328918.html/article/2019/11/19/328920.html