テスラCEO、フォードモーターの新型EVを歓迎…「自動車メーカーの電動化に追い風」

フォード・マスタング・マッハE
フォード・マスタング・マッハE全 3 枚写真をすべて見る

テスラ(Tesla)のイーロン・マスクCEOは11月18日、フォードモーターの新型EV、フォード『マスタング・マッハE』の登場を歓迎する声明を、ツイッターを通じて発表した。

これは、フォードモーターの公式ツイッターに、マスクCEOが投稿したものだ。マスクCEOは、「マスタング・マッハEの発表、おめでとう! フォードモーターの発表に興奮している。他の自動車メーカーの電動化に追い風となるだろう」と、マスタング・マッハEの発表を祝福した。

マスタング マッハEは、テスラのEVと競合する高性能EVだ。トップグレードには、最大出力459hp、最大トルク84.6kgm を発生するモーターを搭載する。0~96km/h加速は3.5秒以下と、ポルシェ『911 GTS』に匹敵する性能を目標に掲げている。米国ビッグ3(GM、フォードモーター、FCA)が高性能な市販EVを発表したのは、今回が初めてだ。

フォードモーターは、マスクCEOの投稿に対して、「ありがとう、イーロン。充電ステーションでお会いしましょう」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV