自動運転戦略本部を開催---自動運転の早期実現を審議 国交省

トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4。レクサスLSベース(参考画像)
トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4。レクサスLSベース(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、11月22日に第6回自動運転戦略本部を開催し、自動運転の早期実現に向けて審議すると発表した。

自動運転は、交通事故削減や、渋滞緩和、高齢者の移動手段の確保などの課題解決に大きな効果が期待されている。政府は2020年を目途に、高速道路での自動運転の実現や、2020年までに限定地域での無人自動運転移動サービスの実現を目標に掲げる。

このため、国土交通省では「自動運転戦略本部」を設置し、自動運転の実現に向けた環境整備、技術の開発・普及促進、実証実験・社会実装のために必要な施策に取り組んでいる。

今回、戦略本部を開催して、国土交通省の環境整備、技術の開発・普及促進、実証実験・社会実装に関するこれまでの取り組み状況や新たな取り組み、これまでの実証実験で得られた成果、課題について審議する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV