メルセデスベンツ、Sクラス 7200台をリコール ECUに不具合

S550カブリオレ
S550カブリオレ全 3 枚写真をすべて見る

メルセデス・ベンツ日本は11月21日、『Sクラス』6車種について、エンジンコントロールユニット(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「S550」、「S550クーペ」、「S550クーペ4MATIC」、「S550カブリオレ」、メルセデスマイバッハ「S550」、メルセデスマイバッハ「S550 4MATIC」の6車種で、2013年5月20日から2018年1月29日に輸入された7254台。

ECUの制御プログラムにて、車両へ搭載する仕様指示が不適切なため、失火検知の診断が正しく作動しないことがある。そのため、不具合が生じていないにも係わらずメーターパネル内のエンジン警告灯(MIL)が点灯し、誤検知したシリンダの燃焼を休止させて、最悪の場合、排出ガスが基準値を超えるおそれがある。

改善措置として、全車両、ECUの制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本社からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型のプロトタイプ
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型に搭載される世界初の後席エアバッグ。前面衝突時に乗員を保護
  • メルセデスベンツ EQS の開発プロトタイプ
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ