トヨタ RAV4プライム は加速力が売りのパフォーマンスPHV…ロサンゼルスモーターショー2019[詳細画像]

トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)
トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)全 20 枚写真をすべて見る

『RAV4』にプラグインハイブリッド車(PHV)が設定されるのは、今回が初めて。その名は『RAV4プライム』だ。「プリウス」のPHVは、すでに米国市場に『プリウス・プライム』の車名で投入されている。新型RAV4のPHVもこれに倣い、RAV4プライムの車名で米国市場へ投入される。

PHVパワートレインは、「RAV4ハイブリッド」の直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンアトキンソンサイクルエンジン(最大出力176hp、最大トルク22.5kgm)に、強力なモーターを組み合わせたもの。PHVシステム全体で、302hpのパワーを引き出す。この数値は、新型RAV4ハイブリッドの219hpに対して、83hpの上乗せとなる。

0~96km/h加速は5.8秒で駆け抜ける。新型RAV4ハイブリッドの0~96km/h加速7.8秒に対して、2秒の短縮を果たした。0~96km/h加速5.8秒は、先代RAV4の米国仕様に用意されていた3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジン(最大出力269hp)搭載車の6.3秒を、0.5秒短縮するものだ。トヨタによると、RAV4プライムはRAV4史上、最強かつ最速という。

EVモードでは、最大62kmをゼロエミッション走行できる。また、大容量バッテリーの利点を生かして、災害時に役立てるよう、駆動用電池に蓄えた電力を最大1500Wの出力で家電などへ供給できる外部給電機能を採用している。

トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)

《ショーカーライブラリー》

【画像】トヨタ RAV4プライム は加速力が売りのパフォーマンスPHV…ロサンゼルスモーターショー2019[詳細画像](20枚)
トヨタ RAV4の燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  3. シボレー コルベットZ06 新型、最初の写真 実車は10月26日発表
  4. VW『タイグン』、新型コンパクトSUVをインドで発売
  5. Z900RSの弟分、カワサキ『Z650RS』発売決定! 並列2気筒の新型レトロスポーツ
  6. 実はアルコール消毒液が犯人…山陽新幹線で飲酒疑いによる部分運休
  7. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  8. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  9. ジープ ラングラー『ウィリス』にオフロード性能追求の「リーコン」 10月米国受注開始
  10. 日産の新型商用車『タウンスター』、EV版の航続は285km…欧州発表
ランキングをもっと見る