中山間地域での道の駅を拠点とした自動運転サービス 11月30日からスタート

道の駅「かみこあに」で本格導入される中山間地域での自動運転サービス
道の駅「かみこあに」で本格導入される中山間地域での自動運転サービス全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、道の駅「かみこあに」で、中山間地域での道の駅などを拠点とした自動運転サービスの本格導入が11月30日からスタートすると発表した。

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域での生活の足を確保するため、「道の駅」などを拠点とした自動運転サービスの実証実験を2017年度から全国18カ所で実施してきた。

今回、技術面やビジネスモデルに関する実験結果を踏まえ、道の駅「かみこあに」(秋田県北秋田郡上小阿仁村)でサービスが本格スタートすることになった。

走行ルートは道の駅「かみこあに」を拠点とした各集落を結ぶ3つのルートで、全長約4km。運賃は1回200円。ヤマハ発動機製の車両1台を使って、NPO法人の上小阿仁村移送サービス協会が運営する。

サービスは、地域の意見や運行時期の特性などを踏まえながら運行計画も随時見直し、よりよいサービスの提供を目指す。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アルプスアルパインが中国向けC-V2Xチップを発表
  • ソフトバンクロボティクスが2021年1月に発売する配膳・運搬ロボット「Servi」
  • BMW 5シリーズ 改良新型 セダン/ツーリング
  • トヨタの自動運転車、e-Palette(参考画像)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV