新型「ターボS」か「RS」か…ポルシェ 911ターボ、プロトタイプに“ダックテール”装着

ポルシェ 911 ターボS 開発車両 スクープ写真
ポルシェ 911 ターボS 開発車両 スクープ写真全 10 枚写真をすべて見る

ポルシェ『911ターボ』新型のプロトタイプを、スクープサイト『Spyder7』のカメラが捉えた。注目は、1972年~1973年に生産された『911カレラRS』を彷彿させるダックテールスポイラーが初めて装備された点だ。

カレラRSといえば、ポルシェ史上最高のモデルと伝えられ、通称「ナナサンカレラ」と称されている。以前捉えたターボの開発車両と比較すると、センターロックホイールは同じながら、フロントのサイドエアインテークやリアフェンダー前部のエアダクトに修正が施されているほか、リアエンドでは大型円形ツインエキゾーストパイプを装備している点からも『911ターボS』、あるいはさらなるハイパフォーマンスモデルとなる『RS』や限定モデルの可能性が高い。

新型911ターボでは、これまでの3.8リットル・フラット6ツインターボエンジンの進化系が搭載されると伝えられており、最高出力540psから600psへと引き上げられる。またターボSでは最高出力580psから640psまで向上、最大トルク799Nmを発揮すると予想されており、駆動方式は全輪駆動、トランスミッションは8速DCTとなるはずだ。

ターボSのワールドプレミアはターボが登場した後、2020年夏以降が予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV