BMW 330e など、排ガス基準値を満たさないおそれ リコール

330e
330e全 3 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は11月26日、BMW『330e』など6車種について、エンジンコントロールユニット(DME)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『330e』のほか、『530i』『530e iパフォーマンス』『530ツーリング』『630iグランツーリスモ』『740e iパフォーマンス』の計6車種で、2015年10月20日~2018年6月29日に製造された3740台。

対象車両はDMEのプログラムが不適切なため、バルブトロニック(VVT)の機能に不具合が発生している場合、触媒の予熱時間が長くなる。そのため、触媒の暖機が完了するまでの間、排気ガスを十分に浄化することができず、排気ガス基準値を満たさないおそれがある。

改善措置として、全車両、DMEのプログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本国からの報告により、リコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 318i
  • BMW 3シリーズ EV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン(手前)&M4クーペ(奥)新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ