トヨタ カローラ 新型、日本車唯一の最終選考に…欧州カーオブザイヤー2020

トヨタ・カローラ・ハイブリッド(欧州仕様)
トヨタ・カローラ・ハイブリッド(欧州仕様)全 6 枚写真をすべて見る

欧州カーオブザイヤー主催団体は、「欧州カーオブザイヤー2020」(Car of The year 2020)の最終選考7車種を発表した。

欧州カーオブザイヤーは、今年で33回を数える。欧州の20か国以上、約60名のジャーナリストが、欧州市場で発売された新型車の中から、ベストな1台を選出する。

欧州カーオブザイヤー2020の最終選考7車種は以下の通り。

●BMW 1シリーズ
●フォード・プーマ
●プジョー208
●ポルシェ・タイカン
●ルノー・クリオ(ルーテシアに相当)
●テスラ・モデル3
●トヨタ・カローラ

日本メーカー車では、トヨタの新型『カローラ』の1車種のみが最終選考に残った。最初にノミネートされていたトヨタの新型『カムリ』、新型『RAV4』、新型『スープラ』の3車種、マツダの新型『マツダ3』と『CX-30』の2車種、日産『ジューク』新型、スバル『フォレスター』新型は、最終選考に進めなかった。

地元の欧州勢では、BMW『1シリーズ』新型、プジョー『208』新型、ポルシェ『タイカン』、ルノー『クリオ』(『ルーテシア』に相当)新型が、最終選考に駒を進めた。

また、米国からは、テスラのコンパクトEVセダンの『モデル3』が、最終選考のリストに名前を連ねている。

欧州カーオブザイヤーは前回、最終選考でジャガー『I-PACE』とアルピーヌ『A110』が、250点で並ぶという激戦に。そのため、最高評価の満点をつけた審査員の人数(ジャガーI-PACEが18名、アルピーヌA110が16名)により、ジャガーI-PACEが欧州カーオブザイヤー2019に選出されている。

なお、欧州カーオブザイヤー2020は2020年3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー2020で発表される予定だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ヴェンザ 新型(日本名:ハリアー 新型に相当)
  • レクサス IS 改良新型(北米仕様)
  • ポルシェ・タイカン・ターボS
  • キア・テルユライド
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ