アウディ Q5 など、走行中にリアフェンダー内樹脂製カバーが脱落するおそれ リコール

アウディQ5
アウディQ5全 2 枚写真をすべて見る

アウディジャパンは11月27日、『Q5』など6車種について、リアフェンダー内側の樹脂製カバーが走行中に脱落するおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『Q5 45 TFSI quattro』『Q5 45 TFSI quattroエアサス』『Q5 40 TDI quattro』『Q5 40 TDI quattroエアサス』『SQ5』『SQ5エアサス』の6車種で2017年8月3日~2019年9月25日に輸入された6026台。

対象車両は、リアフェンダー内側樹脂製カバーの取付クリップの形状が不適切なため、走行振動等により取付クリップが緩むことがある。そのため、クリップが外れ、最悪の場合、走行中に樹脂製カバーが脱落するおそれがある。

改善措置として、全車両、取付クリップを対策品に交換する。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ Q5スポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q5 改良新型
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV