UDタクシーの適切な運送の実施を通達 国交省

日産NV200(東京モーターショー2019)
日産NV200(東京モーターショー2019)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省自動車局旅客課長から全国ハイヤー・タクシー連合会に対して「ユニバーサルデザイン(UD)タクシーによる運送の適切な実施の徹底について」通達された。NPO法人のDPI日本会議が11月26日に発表した。

通達は11月19日付け。DPI日本会議によると、21都道府県、延べ120人の車いすユーザーが各地でUDタクシー(トヨタ『JPNタクシー』、日産『NV200』)に乗車を希望したところ、乗車拒否などで乗れなかった事例が27%あった。乗車場所による拒否の比率は、流しが20%、タクシー乗り場が24%、電話予約が29%で、電話でのUDタクシーを指定した配車ができないという事例が目立った。

車いす利用であることや、スロープ設置方法が分からない、乗り降りに時間がかかるなどを理由にしたタクシーの乗車拒否は道路運送法に違反する。また、UDタクシーとして運用していないことを主張してスロープを積載せずに運用することは事業改善命令の対象となる。

国交省は、同連合会のタクシー事業者に対して、UDタクシーの運送を適切に実施する通達を出すとともに、乗務員が実車を使った研修を年間複数回受講するよう指示した。

DPIでは10月30日に実施した「全国一斉行動UDタクシー乗車運動」の結果をまとめ、11月14日に国交省に要望書を提出、今回の国交省の通達はこれを受けたもの。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 車載式故障診断装置(OBD)を活用した自動車検査手法のあり方検討会報告書の概要
  • 自動車の特定改造の許可制度の概要
  • 先進安全技術による被害低減効果予測のための、車両の衝突直前挙動に基づく傷害予測モデル
  • 令和2年7月豪雨で多くの車両が被災した(7月8日、球磨郡)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ