ジャガー・ランドローバー、車載ソフトの無線更新機能を全車に標準装備

ジャガーとランドローバーの車載ソフトウェアの無線更新のイメージ
ジャガーとランドローバーの車載ソフトウェアの無線更新のイメージ全 1 枚写真をすべて見る

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は11月28日、ジャガーとランドローバーの全ての新車に、車載ソフトウェアの無線更新機能を標準装備した、と発表した。

このテクノロジーは、「Software-Over-The-Air(SOTA)」と呼ばれる。最新のジャガー・ランドローバー車には、リモートでアップデート情報を受信できる14の独立モジュールを搭載している。

ドライバーが自宅で寝ている間や遠方にいる際に、データをダウンロードする。これにより、アップデート情報が次々と車両に転送され、迅速に、またディーラー店舗を訪れる必要もなく、車載ソフトウェアの更新が行える。

また、ジャガー・ランドローバーは、後付けによるSOTA機能のアップグレードを、世界中のおよそ50万人の顧客に提供している。これらの無料アップデートは、2016年以降に製造されたほとんどの車両に適用される、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • ランドローバー・ディフェンダー 新型
  • ジャガー・ランドローバーの「インジニウム」エンジン
  • ジャガー・ランドローバーの新CEOに9月に就任するティエリー・ボロレ氏
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ