次世代タクシー配車アプリ「MOV」、兵庫でサービス開始

次世代タクシー配車アプリ「MOV」
次世代タクシー配車アプリ「MOV」全 1 枚写真をすべて見る

DeNAが提供する次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」は12月2日、兵庫県(一部地域除く)でのサービスを開始した。

MOVはAIを活用する次世代タクシー配車アプリ。周辺を走行するタクシーもリアルタイムに表示し、空車走行中のタクシーも確認可能。乗客はアプリで予想到着時間を事前確認した上で、指定場所への配車依頼ができる。さらにタクシー乗務員と利用客の現在地を確認できる機能や通話機能、定型メッセージを送り合える機能を実装する。

2018年4月に神奈川県でサービスを開始し、同年12月からは東京都、2019年7月からは大阪府・京都府でもスタートしている。今回、兵庫県でも協業事業者とともに高い次世代タクシー配車サービスを構築。今後も、各地のタクシー事業者と連携し、都市圏を中心に順次全国各地へと拡大する予定だ。

また、DeNAは配車アプリだけでなく、後部座席で顧客がニュース/交通情報などが見られるタブレット、クレジットカード(接触型/非接触型ICカード対応)および交通系電子マネーに対応する決済機、無線機システムとの連携などハードウェアを含めたタクシーの総合的なスマート化・IoT化も計画している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • お客様探索ナビ画面(左)と道路レベルでの需要予測結果の一例
  • MOV、事前確定運賃サービスの利用方法
  • MOV CALL(モブ コール)
  • 買い物の際の移動の不便をタクシー配車サービスで解消
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 スクープ写真
  • BMW 4シリーズ 次期型プロトタイプ。ついに巨大グリルの存在を捉えることに成功(スクープ写真)
  • VW キャディ 次期型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/12/02/329390.html/article/2019/12/02/329389.html/article/2019/12/02/329391.html