ナビタイム ツーリングサポーター、互いの位置を共有できるマスツーリング機能を提供開始

ナビタイム ツーリングサポーター マスツーリング機能
ナビタイム ツーリングサポーター マスツーリング機能全 1 枚写真をすべて見る

ナビタイムジャパンは12月6日、バイク専用ナビゲーションアプリ「ツーリングサポーター」にて、ライダーが互いの位置情報を共有できる「マスツーリング」機能の提供を開始した。

新機能では、複数のライダーがグループを作成して、互いの居場所とコメントをリアルタイムに地図上で共有できる。利用方法は、ツーリングサポーターの有料会員登録をしているユーザーがリーダーとなってグループを作成し、メンバーに追加したい人をLINEやメールなどのサービス経由で招待。リーダーを含む最大10名が互いの情報を共有できるようになる。グループの作成には有料会員登録が必要だが、グループへの参加は無料で利用可能。また任意で、バックグラウンド状態でも継続して共有できる。

マスツーリングでは、インカム等の無線機でコミュニケーションを取ることが多いが、通信範囲が限られているため、数km以上離れたライダーとのやり取りが困難な場合がある。新機能は、アプリ上で簡単に互いの位置を把握したり、コメントにて情報の発信ができるため、途中連絡を取り合うことなくスムーズに集合できたり、「〇〇サービスエリアで休憩中」といった状況も、地図上で視覚的に確認できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • HondaGO BIKE RENTAL
  • 佐川健太郎氏がショーワの技術を体験取材。アフリカツインで両足ベタ着きが可能な「ハイトフレックス」に驚き
  • カワサキ Ninja650
  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ

ピックアップ

Response.TV