三菱自、愛知県岡崎市と災害時協力協定を締結 アウトランダーPHEV など貸し出し

(左から)中部三菱自動車販売の深澤潔社長、岡崎市の内田康宏市長、三菱自動車の加藤隆雄CEO
(左から)中部三菱自動車販売の深澤潔社長、岡崎市の内田康宏市長、三菱自動車の加藤隆雄CEO全 2 枚写真をすべて見る

三菱自動車と子会社の中部三菱自動車販売は12月6日、愛知県岡崎市と災害時協力協定を締結したと発表した。

同協定は、災害発生時に三菱自動車製の電動車を速やかに提供できる体制づくりを2022年度までに全国の自治体と目指す「DENDOコミュニティサポートプログラム」の一環で、岡崎市は10例目となる。

災害時協力協定の締結は、災害発生時に改めて自治体と必要事項を確認する時間的ロスをなくし、給電等に活用できる『アウトランダーPHEV』などの電動車をタイムリーに被災地・避難所等へ貸し出すことが目的。岡崎市は、主要生産拠点である岡崎製作所、開発拠点である技術センターが立地する、同社とゆかりの深い場所。災害時に同社製電動車を速やかに岡崎市民のために提供できる体制が整う。

締結式で加藤隆雄CEOは「自然災害はいつ、どこで発生してもおかしくはなく、常日頃から意識して備えをしておくことが大切です。『アウトランダーPHEV』は岡崎製作所で生産しておりますが、今回岡崎市の皆さまの深い理解のもと、災害時協力協定を締結できたことに感謝申し上げます」と述べた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱 ミニキャブ・ミーブ
  • 三菱 eKスペース 助手席ムービングシート仕様車
  • 三菱エクリプスクロス新型
  • 小学生向けリモート工場見学授業のイメージ
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ