バイク・スポーツサイクルの盗難は減少傾向、それでもオーナーは盗難が心配 SBI日本少短調べ

バイク・自転車盗難件数グラフ
バイク・自転車盗難件数グラフ全 3 枚写真をすべて見る

SBI日本少額短期保険は、交通事故による全損・半損および盗難に備える車両専用保険「HARLEY|車両+盗難保険」「みんなのバイク保険」「すぽくる」の新規加入者232名に対し、保険加入手続きに関するアンケートを実施。その結果を発表した。

それによると、回答者の90.1%が加入理由に「盗難」への心配を選択。趣味として楽しんでいるバイクやスポーツサイクルは、決して安価なものではなく、購入の際、愛車の「盗難」を心配する人が多いことがわかった。

警察庁が発表した「平成30年の刑法犯に関する統計資料」によると、バイクの盗難被害件数は2009年が8万2811件、2018年が1万5292件。自転車は2009年が39万2098件、2018年が18万3879件。盗難防止アイテムの機能性向上などさまざまな理由により、9年間でバイクは約5分の1、自転車は約2分の1と減少している。しかし、減少しているといってもバイクは1日に約42台、自転車は約503台が盗難被害にあっており、バイク・自転車ともに施錠していたにもかかわらず、多くの被害が発生しているという結果が出ている。

SBI日本少額短期保険では、交通事故による全損・半損や、盗難被害にあった場合に備え、バイクやスポーツサイクルに保険をかけることを薦めている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS
  • ヤマハ トリシティ300 ABS
  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R

ピックアップ