ヤマハ発動機、海洋プラスチック調査へ協力パートナーとして参加へ

帆船「みらいへ」
帆船「みらいへ」全 1 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は12月11日、海洋研究開発機構(JAMSTEC)が実施する「海洋プラスチック汚染に関わる科学的調査」に調査協力パートナーとして参加すると発表した。

この調査は、神奈川県セーリング連盟らが主催する「2019-2020日本-パラオ親善ヨットレース」にて、レース参加艇および伴走船によって海洋プラスチック汚染に関わる科学的調査を行うもの。レースに伴走する帆船「みらいへ」およびレース参加艇にマイクロプラスチック採取装置を設置し、12月29日、横浜ベイブリッジをスタートし太平洋を南へ。航海中に海水からマイクロプラスチックを採取しつつ、パラオまでの1726マイル(3197km)を走り抜く。

ヤマハ発動機は調査の主旨に賛同し、実施費用を支援するとともに社員1名を派遣する。派遣される社員は、みらいへに乗船するJAMSTECの研究者が専門的な調査に専念できるよう、主に調査の記録係として写真やデータを整理・管理するとともに、当該海域における海洋プラスチックの状況について情報発信を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • 歩道橋完成のイメージ
  • ウルヴァリン RMAX 1000
  • YZF-R1 レースベース車
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ