対象は現行日本車全て! 『ベストカー』的ベストテンはこれだ!…いろんなカーオブザイヤー2019

トヨタ RAV4
トヨタ RAV4全 6 枚写真をすべて見る

『ベストカー』2020年1月10日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
定価:420円(本体382円+税)

2019年も残り少し。来年はどの様なクルマが登場するのか、今から期待が膨らむばかりだが、まずは今年1年を振り返ろうではないか。今回の目玉企画は、現行の日本車全てを対象に、20名のモータージャーナリストが選ぶ、「日本車ベストテン」だ。

先日、「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」が発表され、ノミネートされた10台の中から、“今年の1台”はトヨタ『RAV4』が選ばれた。一方、実質2019年末号の『ベストカー』では、現行の日本車全てを対象に、20名のモータージャーナリストがランキングをつける。「ベストテン」と謳ってはいるが、11位から30位までしっかり掲載している。

その他にも、様々な角度から、“今年の1台”を決める「いろんなカー・オブ・ザ・イヤー」も合わせて開催。「走り」は勿論、「コスパ」や「デザイン」、「期待はずれ」など、12の表彰メニューを用意。本家COTYで決まったRAV4は、どこに入ってくるのか気になるところだろう。そして、日本人は本当にランキングが好きだな、とつくづく思う筆者であった。『ベストカー』2020年1月10日号『ベストカー』2020年1月10日号

気になる見出し……●SCOOP スペシャル ガソリンエンジンの逆襲!●日本車ザ・ベストテン●いろんなカー・オブ・ザ・イヤー2019 ●2020年度 日産ニューカー一気投入計画●マツダ3 スカイアクティブX試乗!●クルマ界流行語大賞2019●ひとり勝ちトヨタに勝てるクルマ

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介いたします。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《滑川寛》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ・シビックタイプR現行
  • 日産フェアレディZ現行
  • トヨタ86GT“BLACK LIMITED”。86トレノのモデル最終期に登場した特別仕様をモチーフにしていることから、事実上の現行ファイナルエディションか。
  • レクサスNX
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ