レクサスSUVの頂点『LX』次期型、2020年デビューか…新開発ラダーフレーム&電動化が目玉

レクサス LX 次期型 予想CG
レクサス LX 次期型 予想CG全 5 枚写真をすべて見る

レクサスのフラッグシップSUV、『LX』が2020年にもフルモデルチェンジを行うという。スクープ情報サイト『Spyder7』が、その情報を元に予想CGを制作した。

初代LXは「LX450」として1996年に同ブランド初のSUVとしてデビュー、1998年には、車体を共有するトヨタ『ランドクルーザー』のフルモデルチェンジに伴い2代目が登場、『GS』風のフロントエンドがインパクトを与えた。そして2007年、5.7リットルV型8気筒エンジンを搭載した現行モデルがデビュー、2012年には大幅改良が行われスピンドルグリルを装備、2015年には日本市場導入が発表された。

現行型では、200系ランドクルーザーをベースとしているが、次期型では新設計のラダーフレームを採用、剛性と走破性が高められる。ボディサイズは現行モデルとほぼ変わらず、5人乗り、8人乗りが引き続き設定される見込みだ。

パワートレインは、現行型に搭載されている5.7リットルV型8気筒エンジンの廃止が予想され、代わりに2.5リットルV型6気筒ツインターボエンジン、及び、同エンジン+電気モーターのハイブリッドがラインアップされる可能性が高い。最高出力は、エンジン300ps、モーター180psのシステム合計480ps程度となりそうだ。

また安全装備では、普及型予想安全パッケージ「Lexus Safety System+」最新世代を搭載、事故発生の可能性を下げるとともに、万が一の事故の際にも被害低減が向上するだろう。

気になるエクステリアデザインを予想してみた。入手した情報からは、タイヤハウス前後がワイド感を持ち、さらに内側にシャープな凹みを持つイメージが予想される。全体的に直線的なボディラインは継承しつつ、立体的な面構成となる。

ウインドウはCピラーとその後方を分断、ボディ同色のパネルの取り入れも予想される。フロントのスピンドルグリルは旗艦モデルらしくハードなイメージを持たせた縦型直線的なデザインになり、それに合わせディフューザーも縦型になり、ワイド感を強調。ライト類はレクサスらしい未来的なデザインで、メッキラインや3本ラインのポジションライトが取り入れられるほか、ESで採用されたデジタルアウターミラーなどの採用も期待される。

次期型レクサスLXの登場は、2020年内が有力だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV