ホンダ CB1100RS、重厚感ある受注期間限定カラー追加へ

ホンダ CB1100RS(マットバリスティックブラックメタリック)
ホンダ CB1100RS(マットバリスティックブラックメタリック)全 2 枚写真をすべて見る

ホンダは、大型ロードスポーツバイク『CB1100RS』に、受注期間限定のカラーリング「マットバリスティックブラックメタリック」を追加設定し、2020年1月17日に発売する。

CB1100RSは、空冷4気筒1140ccエンジンを搭載する『CB1100』をベースに、アルミキャスト製17インチホイールの足回りを採用し、キャスター角26度の車体ディメンションやショーワ製SDBVフロントフォーク、リザーバータンク付きリアクッション、軽量アルミ製スイングアームなどを装備。軽快でスポーティーな走りを実現したモデルだ。

今回、主体色にマットバリスティックブラックメタリックを採用し、エアークリーナーカバーやメーターカバー、ハンドルパイプなどの各部を艶消しのブラックに統一することで大型ネイキッドモデルの持つ重厚感をより強調。また、燃料タンク上面にローコントラストのセンターストライプを採用することで、落ち着いた印象を与えている。

価格は141万4600円。受注期間は2019年12月16日から2020年5月31日まで。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ