三菱電機、コンセプトキャビン「EMIRAI S」など展示予定…CES 2020

三菱電機 ブースイメージ
三菱電機 ブースイメージ全 1 枚写真をすべて見る

三菱電機は、2020年1月7日から10日までの4日間、米国ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「CES 2020」に、「The next step in mobility」をテーマに出展する。

三菱電機ブースでは、最新のセンシング技術とHMI技術を搭載したコンセプトキャビン「EMIRAI S(イーミライ エス)」を紹介する。フェイストラッキング技術と近赤外線カメラを用い、ドライバーの顔が動いても安定した脈拍計測を実現。温度センサーを使った体表温度計測を組み合わせることで、運転中の疲労や眠気、体調急変をより正確に検知し、自動停車させるなど、安全・安心な移動を支援する。また、カメラ映像と音声情報を組み合わせ、どの座席の人が・いつ話したかを聞き分けるHMI技術を搭載。他の乗員の会話中もEMIRAI Sへの要望だけを認識し、快適なコミュニケーションを支援する。

また、小型高出力モーター・インバーターなど、ハイブリッド車から電気自動車まで幅広く対応する製品群を展示するほか、エネルギーマネジメント技術や双方向ワイヤレス電力伝送技術などを紹介。3次元位置情報を走行しながら高精度に取得する「三菱モービルマッピングシステム(MMS)」の模型なども展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV