メルセデスベンツ、電動車向け次世代バッテリーの生産準備を加速

メルセデスベンツのドイツ・マンハイムのコンピテンスセンター
メルセデスベンツのドイツ・マンハイムのコンピテンスセンター全 3 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は12月17日、ドイツ・マンハイムの「コンピテンスセンター」において、電動車向けの次世代バッテリーの生産準備を加速させると発表した。

マンハイムは1886年1月29日、エンジニアのカール・ベンツが世界初の自動車、「ベンツパテントモーターカー」を発明した場所だ。現在のメルセデスベンツのマンハイム工場は、1908年に設立された。

コンピテンスセンターは1994年、ゼロエミッション車の研究開発拠点として設立された。新しい駆動システムの実験を行うワークショップとして、重要な役割を果たしている。

メルセデスベンツはこのコンピテンスセンターにおいて、電動車向けの次世代バッテリーの生産準備を加速させる。次世代バッテリーは2021年から、量産される予定だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスAMG E53 4MATIC+ カブリオレ 改良新型
  • メルセデスベンツ CLS220dスポーツ(ハイテックシルバー)
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ セダン 改良新型
  • F1ロシアGP
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV