ホンダ、クラリティFC を一部改良 ドアミラーやアルミのカラー変更など

ホンダ クラリティ フューエル セル(プレミアムディープロッソ・パール)
ホンダ クラリティ フューエル セル(プレミアムディープロッソ・パール)全 5 枚写真をすべて見る

ホンダは、燃料電池自動車(FCV)『クラリティ フューエル セル』を一部改良して12月19日に発売する。

ホンダ クラリティ フューエル セルは、FCVトップクラスの一充填走行距離 約750kmを達成。世界で初めて5人乗りを実現したセダンタイプのFCVとして、2016年3月に自治体や企業を中心にリース販売を開始した。

今回のモデルチェンジでは、ドアミラーのカラーをルーフと統一感のあるブラックに、アルミホイールにはグレーメタリックを施し質感を向上させた。また、紫外線(UV)に加え、赤外線(IR)をカットするガラスを随所に採用し、室内空間の快適性を向上。さらに、低温域での性能を向上させ、幅広い環境で使えるようにした。

参考価格は783万6400円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティPHEV(プレミアムディープロッソ・パール)
  • ホンダ・クラリティ PHEV の2020年モデル(米国仕様)
  • ホンダ・クラリティ・フューエルセル の2020年モデル(米国仕様)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ