ブリヂストン、新タイヤセンシング技術確立…ひずみから荷重と摩耗状態を推定

スマートストレインセンサー
スマートストレインセンサー全 2 枚写真をすべて見る

ブリヂストンは12月18日、タイヤのひずみから荷重と摩耗状態を推定するセンシング技術を確立したと発表した。

今回開発した「スマートストレインセンサー」は、最新のIoT技術から生まれたもので、一般的なTPMSセンサーのように空気圧や温度を把握するだけでなく、路面に接触しているタイヤ部分のひずみを測定。独自のアルゴリズムでひずみデータを荷重、摩耗の情報へ変換し、収集できる。従来の同社タイヤセンシング技術「CAIS」は加速度を計測する手法だが、スマートストレインセンサーは速度に依存しないタイヤのひずみを計測。極低速度域でも信頼性の高いデータを収集可能とするとともに、独自のアルゴリズムによって電力寿命の大幅な改善を実現した。

今回開発したセンサーを装着することで、ドライバーは空気圧などの情報とともに、摩耗や荷重の状態を認知、車両管理者は遠隔でリアルタイムにモニタリング可能となる。その結果、適切なタイミングでのタイヤ交換が可能となり、タイヤメンテナンスの軽減や、タイヤトラブルの未然防止を実現。安全性の向上につながるほか、将来の自動運転社会における安全な走行制御への活用も期待できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブリヂストンイノベーションギャラリー
  • VWゴルフ新型、ブリヂストンTURANZA ECOを新車装着
  • ブリヂストンの石橋秀一CEO、右は東正浩COO
  • ゴム製品業界 他社牽制力ランキング
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ