オートカラーアウォード、グランプリは マツダ3/CX-30 の「ポリメタルグレーメタリック」

マツダ3とCX-30
マツダ3とCX-30全 21 枚写真をすべて見る

日本流行色協会(JAFCA)は、優れた車両のカラーデザインを顕彰する「オートカラーアウォード2019」を12月18日、19日に開催し、『マツダ3ファストバック』『CX-30』をグランプリに選出した。

授賞カラーは、樹脂独特のヌメリ感と金属感の複合をイメージした「ポリメタルグレーメタリック」。インテリアカラーはマツダ3ファストバックがバーガンディ、CX-30はネイビーブルー/グレージュ。今回のカラーデザインでは、微妙な青みを含むニュアンスにとんだグレーで、まったく見たことのない新しい質感を実現している点などが高く評価された。

今回の受賞についてマツダは、「2010年以降、“カラーも造形の一部”という独自の思想を持ち、群でアピールするカラー開発を推し進めてきています。ボディカラーは、“魂動デザイン”第2ステージの深化した造形美を際立たせながら、ソウルレッドクリスタルやマシーングレーとは、異なる別の新たな質感表現にチャレンジしました。内装カラーでは、それぞれの車種の個性を表現する新色を創り、新しい内外コーディネーションでマツダブランドの世界観の幅を広げました」とコメントしている。

このほか、日産『デイズ』、三菱『eK X』を特別賞に選出した。受賞カラーはデイズがエクステリアカラー:ソーダブルー(PM)/アッシュブラウン(M)2トーン、インテリアカラー:プレミアムコンビネーションインテリア(ブラック×ブラウン)。eK Xはエクステリアカラー:サンドイエローメタリック×ホワイトソリッド、インテリアカラー:ブラック&タンと、エクステリアカラー:ナチュラルアイボリーメタリック×サンシャインオレンジメタリック、インテリアカラー:ブラック&タンの2色。

マツダ3マツダ3

《纐纈敏也@DAYS》

マツダ3の燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  2. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  3. ブレーキパッド交換時の選択肢…安全とコストに差が出る!
  4. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  5. 発表【48時間アンケート】この車は電動化すべきだ!!…1位はトヨタ ハイエース、そして
  6. 日野自動車、ダカールラリー2022参戦車両を発表…軽量化&加速性能を向上
  7. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  8. BMWのEVに初の「M」、『i4 M50』は544馬力…生産開始
  9. エアコンや視界を遮らない、コンソール専用ドリンクホルダー発売 まずはカローラ/RAV4用
  10. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
ランキングをもっと見る