水に浮かんでゆるっと走る『Wheeebo』 ヤンマーがサービス提供を開始へ

ヤンマーWheeebo
ヤンマーWheeebo全 3 枚写真をすべて見る

ヤンマーは、水辺の新たなマリンアクティビティ『Wheeebo』(ウィーボ)のサービスを、2020年4月下旬頃よりグアムで提供開始する。円形のボードに乗り、体重移動によって水面を移動することができ、6歳からシニアまで幅広いユーザー層を想定している。

Wheeeboは、マリンプレジャー分野における新たなワクワク体験の創出に向けた取り組みのひとつとして、“誰でも、自由に、ワクワクできる”をコンセプトとしてヤンマーが開発した。ヤンマーによると、ユーザーによって様々な楽しみ方を発見してもらう新しい遊びだ。
ヤンマーWheeebo
Wheeeboは、ユーザーが体重をかけて重心を移動させると、センサーが本体の傾きを検出し、底面のプロペラの向きを制御することで推進する、円形ボード状のマリンアクティビティだ。ヤンマーによると「シンプルで直感的な操作性でありながら、乗りこなすために適度な技術が必要」だという。

ターゲットは主に、マリンアクティビティを楽しむファミリー層だ。今後、国内外における様々なアクティビティプランや旅行プランなどでの採用をめざす。
ヤンマーWheeebo
Wheeebo
●サイズ:直径140~160cm(用途・体重によって選択可)
●速度感:人が少し速足で歩く速度(最大3ノット=5.6km/h)
●本体重量:約20kg
●駆動方式:電動モーター
●動力源:専用ニッケル水素バッテリー
●稼働時間:1回の充電で、3~4時間
●速度調整:ハンドリモコンによる2段階速度切替え

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 地域に設置した「とびだしとび太」ヤンマーミュージアムバージョン
  • MIRAI用燃料電池ユニットをベースにした船舶用水素燃料電池システム
  • ヤンマー X47エクスプレスクルーザー
  • フィッシングボート EX28C
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV