ジャガー E-PACE、初の大幅改良へ…デザイン刷新&290馬力のマイルドHV搭載

ジャガー E-PACE 改良新型プロトタイプ スクープ写真
ジャガー E-PACE 改良新型プロトタイプ スクープ写真全 12 枚写真をすべて見る

ジャガーのコンパクト・クロスオーバーSUV、『E-PACE』改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

E-Paceは、2017年7月にワールドプレミアされた後、翌2018年には日本市場にも投入され、2019年2月には特別仕様車「コネクテッド」が発表されている。

捉えたプロトタイプは、2か月前にキャッチした『F-PACE』同様に厳重なカモフラージュが施されている。入手した情報によれば、再設計されたバンパー、グリルを装備し、ヘッドライトやテールライトはグラフィックが刷新されるという。

キャビン内では、新デザインのステアリングホイール、12.3インチのデジタルインストルメントクラスタ、Touch Pro Duoインフォテイメントシステムの搭載が見込まれており、リフレッシュされたスイッチギア、新デザインのギアシフターなど、大幅な改良が期待できるだろう。

パワートレインは、最高出力200ps、250ps、300psを発揮する3種の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボがキャリーオーバーされると予想されるが、最高出力290psを発揮するマイルドハイブリッドなど新たしいオプションを採用できる可能性がありそうだ。

ワールドプレミアは2020年後半とみられる。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ