ジープ ブランド電動化の最初のステップ…CES 2020でPHV、3車種を発表へ

ジープの市販プラグインハイブリッド車(PHV)、「4xe」のロゴ
ジープの市販プラグインハイブリッド車(PHV)、「4xe」のロゴ全 5 枚写真をすべて見る

FCA傘下のジープ(Jeep)ブランドは1月7日、米国ラスベガスで開幕するCES 2020において、『ラングラー』、『レネゲード』、『コンパス』のプラグインハイブリッド車(PHV)、「4xe」を初公開すると発表した。

ジープブランドは2022年までに、すべてのモデルに電動パワートレイン車を設定する計画を掲げている。この計画における最初のステップが、ラングラー、レネゲード、コンパスのPHVになる。

ジープのPHVは、ブランド史上、最も効率的なジープ車になる。オン/オフ両ロードにおける性能を次のレベルに引き上げながら、静粛性を高めた。より大きなトルクと優れたエンジンレスポンスによって、運転する楽しさや機能性を追求しているという。

なお、ジープのPHVには、4xeエンブレムが装着される。4xeモデルを含む電動化がジープブランドを近代化し、グリーンで環境に優しいプレミアムテクノロジーのリーダーになることを目指す、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・ラングラー・アンリミテッド・ルビコン・リーコン
  • ZFがジープ・ラングラー 初のPHVに供給する8速AT
  • ジープ・ラングラー 4xe
  • ジープ ラングラー新型
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV