インテル、カメラのみのシステムで自動運転に成功…CES 2020[動画]

モービルアイの自動運転テスト車両
モービルアイの自動運転テスト車両全 3 枚写真をすべて見る

インテル(Intel)傘下のモービルアイ(Mobileye)は1月7日、米国ラスベガスで開幕したCES 2020において、カメラのみのシステムによって、自動運転を行うことに成功した、と発表した。

モービルアイは、自動運転向けに2つのセンシングシステムを開発している。ひとつはサラウンドビューカメラのみ、もうひとつはレーダーとLiDAR(ライダー)を使用したものだ。

自動運転車では通常、カメラにレーダーやLiDARを併用して、車両周りの状態をモニターする。モービルアイは、サラウンドビューカメラがセンサーの役割を果たし、自動運転を可能にするシステムを開発した。

モービルアイはイスラエル・エルサレムにおいて、カメラのみのシステムによって、自動運転を行うことに成功した。歩行者や交差点、配送車両などに遭遇する複雑な道路環境において、12個のカメラシステムを搭載したモービルアイのテスト車両が、自動運転で走行した、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • CESアジア(イメージ)
  • CES 2020でプレゼンテーションするトヨタ自動車の豊田社長
  • JVCケンウッドがかかげる2030年までの向こう10年間の企業ビジョン
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)