【東京オートサロン2020】カスタムの祭典開幕…車両900台、入場33万人見込み

東京オートサロン2020
東京オートサロン2020全 24 枚写真をすべて見る

東京オートサロン実行委員会は1月10~12日の3日間、カスタムカーと関連製品の展示会「TOKYO AUTO SALON 2020」を幕張メッセ(千葉市)で開催する。最先端のカスタムトレンドを展示する場として、多くのメーカーがコンセプトモデルや新型車を発表する。

幕張メッセ全館を使用した会場に、国内主要自動車メーカー、外国車インポーター、タイヤ・ホイールメーカー、アフターパーツメーカー、カスタムショップなどがブースを構え、およそ900台ものチューニング・ドレスアップ車両を展示する。前回は施設改修のため休止となったレーシングカーデモランが復活する。

今回で38回目の開催となる東京オートサロンは、展示ジャンルやコンテンツの多様化で、熱心な車ファンはもちろん、女性や家族連れなど、国内外から幅広い層の方々が訪れるイベントとなった。

来場者数は前回2019年に過去最高の33万0666人を記録し、今回も同水準の来場者を見込む。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV