日本から姿を消す石炭列車…神奈川と埼玉を結ぶ最後の列車は2019年度限り

秩父鉄道の貨物列車。
秩父鉄道の貨物列車。全 1 枚写真をすべて見る

埼玉県の秩父鉄道は1月14日、JR貨物熊谷貨物ターミナル駅(熊谷市)と武川(たけかわ)駅(深谷市)を結ぶ貨物支線である三ヶ尻(みかじり)線のうち、熊谷貨物ターミナル~三ヶ尻間で運行している石炭輸送列車(石炭列車)を2019年度限りで廃止すると発表した。

セメントの原料となる石灰石を燃焼させるための輸入炭を太平洋セメント熊谷工場へ輸送する列車で、川崎に陸揚げされた石炭をJR鶴見線の扇町駅(川崎市川崎区)から運ぶため、秩父鉄道とJR貨物は連絡運輸を行なっている。

この列車は一般路線を利用するものだが、専用鉄道では、北海道釧路市の太平洋石炭販売輸送が、春採(はるとり)~知人(しれと)間の臨港線で、国内で唯一、坑内掘による石炭を産出している釧路コールマインを荷主とする列車を運行していた。しかしこちらは2019年3月に輸送を終了し、同年6月には路線が廃止されている。

扇町~三ヶ尻間の石炭列車廃止により、明治以来続いてきた石炭列車が日本からすべて姿を消すことになる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。

ピックアップ

Response.TV