日本から姿を消す石炭列車…神奈川と埼玉を結ぶ最後の列車は2019年度限り

秩父鉄道の貨物列車。
秩父鉄道の貨物列車。全 1 枚写真をすべて見る

埼玉県の秩父鉄道は1月14日、JR貨物熊谷貨物ターミナル駅(熊谷市)と武川(たけかわ)駅(深谷市)を結ぶ貨物支線である三ヶ尻(みかじり)線のうち、熊谷貨物ターミナル~三ヶ尻間で運行している石炭輸送列車(石炭列車)を2019年度限りで廃止すると発表した。

セメントの原料となる石灰石を燃焼させるための輸入炭を太平洋セメント熊谷工場へ輸送する列車で、川崎に陸揚げされた石炭をJR鶴見線の扇町駅(川崎市川崎区)から運ぶため、秩父鉄道とJR貨物は連絡運輸を行なっている。

この列車は一般路線を利用するものだが、専用鉄道では、北海道釧路市の太平洋石炭販売輸送が、春採(はるとり)~知人(しれと)間の臨港線で、国内で唯一、坑内掘による石炭を産出している釧路コールマインを荷主とする列車を運行していた。しかしこちらは2019年3月に輸送を終了し、同年6月には路線が廃止されている。

扇町~三ヶ尻間の石炭列車廃止により、明治以来続いてきた石炭列車が日本からすべて姿を消すことになる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 『志国高知 幕末維新号』のイメージ。幕末、土佐の脱藩浪士は京都を拠点に活躍したが、車両も脱藩?し、京都に来ることになった。
  • 静岡工区の着工遅れから、2027年開業の当初予定が揺らぎつつあるリニア中央新幹線。国交省は今後、有識者や関係省庁で知見も持つ者などからなる会議を設けて、科学的・工学的な見地から議論の検証を進めていく方法も考えられるとしている。
  • 全線再開を記念して掲出されるロゴ(左)やポスター(右)。
  • 現在の札幌駅南口。奧に見えるJRタワーの隣に建つ白い「札幌エスタ」(階下が札幌駅前バスターミナル)部分が「北5西2街区」に相当し、そのさらに奧が新幹線札幌駅と再開発ビル、交通広場が一体的に整備される「北5西1街区」となる。
  • デモでは、QRコードを表示したスマートフォンを改札機にタッチ。クラウドでの処理結果が改札機に反映され、入出場のコントロール状態を確認することができる。
  • 臨時ながら、宗谷本線で4年ぶりに急行が復活。写真は「山紫水明」の「山明号」。
  • えちごトキめき鉄道では、運賃改定後も観光列車『雪月花』などを活用し、さらなる地域観光資源の情報発信を行ない、交流人口の拡大を図るとしている。
  • 「東急線・東急バス サブスクパス」は東急の鉄道・バスの利用が軸となる。写真は東横線の5000系。

ピックアップ