ケーヒン、ワイヤレス式バッテリーマネジメントシステム世界初公開へ…オートモーティブワールド2020

ケーヒンブースのイメージ
ケーヒンブースのイメージ全 2 枚写真をすべて見る

ケーヒンは、1月15日から17日まで東京ビッグサイトで開催される「第12回オートモーティブワールド」に出展、ワイヤレス式バッテリーマネジメントシステムを世界初公開する。

ワイヤレス式バッテリーマネジメントシステムは、電池モジュールと一体化したセル電圧センサーに無線通信機能を搭載し、高精度に計測した各セル電圧のワイヤレス監視を実現。さらにセル電圧センサーに各セルの充電量や劣化度の情報を蓄積し、ワイヤレスで確認できるようにしたことでバッテリーの再利用など資源の有効活用を可能にする。

ケーヒンブースではこのほか、新型パワーコントロールユニットを含むさまざまな電動車に対応したパワーコントロールユニットのラインアップを紹介。電動車を制御するシステムメーカーとして、独自技術で顧客に喜ばれるソリューションを提供するグローバルブランドへの成長を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日立アステモ(ロゴ)
  • 本田技研工業によるケーヒン、ショーワ、日信工業の完全子会社化後
  • ケーヒンのオンライン展示会、「ケーヒン バーチャルエキシビジョン」の見どころを解説していく
  • ケイヒン(オートモーティブワールド2020)
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV