ジープ グラディエーター、2020北米トラックオブザイヤー受賞

ジープ・グラディエーター
ジープ・グラディエーター全 10 枚写真をすべて見る

北米カーオブザイヤー主催団体は1月13日、「2020北米トラックオブザイヤー」を、ジープ『グラディエーター』(Jeep Gladiator)に授与すると発表した。

北米トラックオブザイヤーは、米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビューした新型ピックアップトラックの中からベストな1台を選出する。

2020北米トラックオブザイヤーの最終選考3車種は以下の通り。

●フォード・レンジャー
●ジープ・グラディエーター
●ラム・ヘビーデューティー

ジープ・グラディエータージープ・グラディエーター

この3車種の中から、ジープのグラディエーターが、2020北米トラックオブザイヤーに輝いた。ジープが市販ピックアップトラックを発表するのは、ジープ『コマンチ』の生産を終了した1992年以来、27年ぶり。FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)はラムブランドでピックアップトラックを展開しており、そのノウハウをジープブランドにも導入した。

ジープのグラディエーターは、日本市場にも2018年秋に導入された新型『ラングラー』の4ドアモデル、「アンリミテッド」がベースのダブルキャブ仕様となる。ラングラーならではの高いオフロード性能を受け継いでいる。

ジープ・グラディエータージープ・グラディエーター

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  3. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  4. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  5. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  6. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  7. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  8. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  9. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  10. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
ランキングをもっと見る