パナソニック ストラーダ、2020年度版新地図搭載のベーシックモデル発売へ

パナソニック ストラーダ CN-E320D
パナソニック ストラーダ CN-E320D全 6 枚写真をすべて見る

パナソニックは、7V型ワイドVGA搭載のAV一体型カーナビゲーション「ストラーダ」ベーシックモデル「CN-E320D」を2月初旬に発売する。

新製品は、新東名 厚木南IC~伊勢原JCTや新名神 新四日市JCT~亀山西JCTなど、東京2020オリンピック・パラリンピックに向け全国で新設された主要な高速・有料道路の情報を収録した2020年度版新地図(※1)を搭載。交通事故防止対策のカラー舗装や、訪日外国人向けに変更された道路標識までリアルに反映させた新地図で、見やすく分かりやすく案内する。

さらに、交通情報サービス「VICS WIDE」に対応した渋滞回避機能「スイテルート案内」を搭載し、ルート案内中に交通状況が変わると渋滞を回避するルートを自動で再探索。準天頂衛星システム「みちびき」にも対応した高い自車位置測位精度でドライブをサポートする。

また、AV機能でニーズの高いBluetooth Audioに対応し、スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで再生。操作はストラーダの画面から行うことができ、手軽に車内で音楽を楽しめる。

価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パナソニック(ジャパンキャンピングカーショー2020)
  • パナソニック ストラーダ CN-RA06D
  • カーナビ選び、“5つの重要項目” 「F1X PREMIUM10」が選ばれる理由
  • ストラーダ史上、最上級の大画面・高画質。ブルーレイや地デジを高精細なHD画質で楽しめる催事UIグレードの「CN-F1X10BD」
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ