合言葉は安全、ダイハツのエンジン組み立てチャレンジ…東京オートサロン2020

安全行動、ヨシ!すべての始まりは安全確認から。オートサロンダイハツブースでは子供向け「エンジン組み立てチャレンジ」コーナーが設けられた。
安全行動、ヨシ!すべての始まりは安全確認から。オートサロンダイハツブースでは子供向け「エンジン組み立てチャレンジ」コーナーが設けられた。全 12 枚写真をすべて見る

東京オートサロン2020のダイハツブースでは、エンジン組み立てチャレンジコーナーが設けられ、多くの子どもたちが参加していた。

「クルマはどうやって動くのかわかるかな」と聞かれて、すらすらと答えられる人はほとんどいない。ダイハツ工業が現在販売している『タント』の3気筒エンジンも、クルマ自体は見たことあるものの、組み立て過程はなかなか見られるものではないとあって、興味深そうに見ていた。

用意された子どもサイズの作業着に着替え、ダイハツのマークが入った軍手をはめて準備完了。まずはエンジンの仕組についてエンジンカットモデルを使って説明を受ける。

つづいて、本物のエンジンのブロックとピストンが登場。それを参加者たち自身ではめ込んでいく。ボルトで留めたら、実際先ほど説明を受けたピストンの動きを、参加した子供たちは手で押しながら確認していた。

ダイハツ工業ブースは、楽しいコンセプトカー、歌に踊りに毎回ここにいるすべての人が一緒に楽しめる空間になっている。ダイハツ工業ブースは、楽しいコンセプトカー、歌に踊りに毎回ここにいるすべての人が一緒に楽しめる空間になっている。

作業前とすべてのプログラムが終了した際は、壁に掲げられた「安全の合言葉」を大きな声で元気に読み上げ確認し、仕組みばかりでなく、クルマ社会はもとより、社会生活するうえで欠かすことのできない「安全意識」もしっかりと網羅されているプログラムだ。

「ドレスアップされたクルマが多いオートサロンで身近なタントのエンジン組付けはむしろ意外。子供もいい体験ができていたようです。」と保護者の一人は話していた。肝心の参加した子供たちの感想は「楽しかった」、「エンジン大きかった」など、満足そう。みんなに発見があった様子だ。

主に子供向けのコンテンツとしてエンジン組み立てチャレンジコーナーが設けられた。主に子供向けのコンテンツとしてエンジン組み立てチャレンジコーナーが設けられた。

《中込健太郎》

【画像】合言葉は安全、ダイハツのエンジン組み立てチャレンジ…東京オートサロン2020(12枚)
ダイハツ タントの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  2. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  3. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  4. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  5. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  6. 「防災車両の敷居を下げる」ヤマハの悪路対応『トリシティ』と洪水救難艇がめざすもの…危機管理産業展2021
  7. 日産『キャラバン』のガソリン車がビッグマイナー、アウトドア需要増で個人向け装備充実
  8. 『シビックSi』新型を仮想ドライブ、米ホンダがレースゲームを無料配信
  9. ホンダ シビック 「Si」新型、200馬力ターボに「タイプR」のテクノロジー…米国発表[動画]
  10. ポルシェ 718 ケイマン に頂点、「GT4 RS」開発中 11月デビューへ
ランキングをもっと見る