BMW二輪世界販売が9年連続で記録更新、日本は0.6%増 2019年

BMW R1250GS アドベンチャー
BMW R1250GS アドベンチャー全 4 枚写真をすべて見る

BMWの二輪部門のBMWモトラッド(BMW Motorrad)は、2019年の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は新記録となる17万5162台。前年比は5.8%増と、9年連続で販売記録を更新した。

車種別の2019年実績では、『R 1200』/『1250 GS』、『R 1200』/『1250 GS アドベンチャー』が、合計で5万9000台以上を販売した。単気筒の『G 310 R』と『G 310 GS』は、2万台以上を売り上げた。『F 750 GS』と『F 850 GS』などのミッドレンジセグメントは、およそ2万9000台を販売している。

市場別の2019年の販売実績では、地元ドイツが2万6292台を売り上げ、引き続き最量販市場に。前年比は10.4%増と2桁増を達成した。フランスは1万7300台、イタリアは1万5580台、スペインは1万2607台を販売した。

北米は2019年、1万5116台と後退した。中国は2019年、8818台を売り上げた。前年比は16.6%増と伸びる。ブラジルは1万0064台を販売した。前年比は36.7%増と好調だ。

また、日本は2019年、5007台を販売した。前年比は0.6%増と、前年実績を上回っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW S1000XR
  • BMW K1600B
  • BMW M 1000 RR
  • BMWモトラッドデイ
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV