クルマ専門チャンネル『モータートレンド』日本初上陸、Dplay/dTV/ディスカバリーで視聴可能

モータートレンド
モータートレンド全 4 枚写真をすべて見る

ディスカバリーがグローバルで展開するクルマ専門チャンネル『MotorTrend(モータートレンド)』が日本上陸。DplayやdTVチャンネル、ディスカバリーチャンネルにて配信・放映を開始した。

モータートレンドは1949年に米国で生まれたクルマ専門メディア(当時は雑誌)で、現在はディスカバリーのグループブランドとして、TVチャンネルやデジタル配信を通じて、エンタメからリアリティまで幅広いジャンルの番組を提供している。

ディスカバリーは1月10日より、動画配信サービスDplayの新たなチャンネルとして『モータートレンド』を追加するとともに、NTTドコモが提供するdTVチャンネルにて、これまで『Discovery TURBO』として配信していたクルマ・バイク専門チャンネルの名称を『モータートレンド』に変更。また、CS放送のディスカバリーチャンネルでは、2月1日より、毎週土曜・日曜9時~13時の既存コーナー『Motorアワー』を『モータートレンド』に改名するほか、「名車再生!クラシックカー・ディーラーズ」や「ファスト&ラウド」などのクルマ番組を『モータートレンド』ブランドのコンテンツとして、放送を継続していく。

また、『モータートレンド』の新番組として、Dplay、dTVチャンネルでは1月10日より、日本オリジナル制作の「Rally Nippon 名車録 2019」(全5話)の配信を開始。Dplayでは今後、「Roadkill」や「Hot Rod Garage」(邦題未定)など日本初上陸となるオリジナルコンテンツ全8シリーズの独占配信を含め、2020年内に合計400以上の新規エピソードを拡充する予定だ。さらに、ドリフト競技の最高峰「D1グランプリ(D1GP)」を主催するサンプロスとコラボ。今後動画配信サービスDplayのモータートレンドチャンネルにて、D1GP関連の多彩な映像配信の実施を予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV